商品の梱包につかう封筒・箱など

デイシンで注文をうけた商品を発送するとき,できるだけ簡易でかつ事故のないように梱包しています. 長形 3 号というクラフト封筒をつかうことがもっとも多いのですが,それにはいらないときは角形 2 号という封筒をつかっています.いずれも非常のポピュラーで安価な封筒です. これらにはいらないときや保護が必要なときはレターパックや箱をつかっています.

まず長形 3 号をつかう場合について書きます.USB ハブなどの小形商品を単独で注文していただく場合が多いのですが,そういうときには長形 3 号という定形郵便用の封筒にいれます.ただし,USB ハブの場合は厚さが 1 cm をこえるので,定形にはなりません. LED チップや一部の 3D プリンタ用部品は厚さ 1 cm 未満なので,多量でなければ定形になります. LED チップなどは 1 個 10 円以下の価格で販売しているので,少量なら商品そのものからの利益はわずかですが, いただいている送料 (120 円) と実際の送料との差額は利益になります.

つぎは角形 2 号をつかう場合です. 長形 3 号にはいらない場合,あるいは長形 3 号にいれると厚さが 3 cm をこえてしまうが角形 2 号ならこえないときなどには,角形 2 号をつかいます. 複数の商品がかさなると 3 cm をこえてしまうので,そうならないようにくふうしています.

複数の商品を梱包するときには,比較的まれですが,レターパック・ライトをつかうこともあります. たいていは定形外郵便にするほうが送料がかからないのですが,おもさが 250 グラムをこえるとレターパック・ライトとほぼ同額になります. レターパック・ライトをつかうほうが包装は容易です. クラフト紙より厚いので安心できます.

レターパックのなかではレターパック・プラスのほうをよくつかいます. 厚さが 3 cm におさまらず,おもさも 250 グラムをこえるようなばあいには,レターパック・プラスのほうが有利です. 電源アダプタや電源アダプタつきテープライトは 5 アンペア以上になるとレターパック・プラスが登場します.

3D 印刷作品を梱包するときは,つぶれるとまずいので,たいてい箱をつかいます. 商品が軽量なので箱もなるべく軽量なものをつかっていますが,それでも箱のほうがおもいことがしばしばあります.

このブログ記事について

このページは、Yasusi Kanadaが2017年11月27日 18:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デイシンで 3D 印刷用品をあつかっている理由」です。

次のブログ記事は「梱包における商品の保護」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ