デイシンでは独自の「らせん 3D 印刷」によって製造したカバーつきの各種の「3D デザイン電球」を販売しています. その材料や製造方法は改良をつづけています. 一番最近の改良は使用中にカバーがはずれることがないようにするための接着剤の交換です.

デイシンではたいていの場合,お客様への商品の配送には日本郵便を使用しています. それにはいくつかの理由があります.

デイシンでは電球の出荷前にはかならず点灯テストをおこなっています. それでも,お客様のてもとにとどいたときに点灯しないとクレームされることがあります. 点灯しない原因はまだつきとめられていないのですが,現在,その調査にちからをいれています.

「東京ビジネスフロンティア」という東京都中小企業振興公社の募集に応募して, 11 月 14〜16 日にひらかれる新価値創造展に無料で展示できる 20 社のうちの「1 社」に えらばれました. デイシンの店は消費者に商品を販売する,つまり B to C (business to consumers) のビジネスをしてきました. しかし,この展示会ではコラボレーションできる企業をさがす,あるいは B to B (business to business) のビジネスを追求することになります. とはいえ,展示会にはいろいろなひとがきます. 展示会前日に十分な準備の時間があるので,消費者もふくめて,螺旋 3D 印刷を,これまでできなかったやりかたで,できるだけ魅力的にみせる展示を実現したいとかんがえています.

USB ハブはかならずテストして使用可能であることを確認してから出荷するようにしている. USB メモリが認識でき読むことができるかどうかのテストをおこなっているが,ずっとおなじ USB メモリをつかっていると,ハブは正常でもテストで失敗するようになってくる. しかし,コネクタの周囲をみがくとともにほこりをふきとばすと,正常に動作するようになることがわかった.

再販商品の仕入れ

Dasyn の店ではオリジナル商品の販売にちからをいれていますが,同時に,オリジナル商品の材料などとして仕入れたのとおなじ商品を再販しています.これらの材料および商品の仕入先やトラブルなどについて書きます.

これまでデイシンではクレジット・カード,コンビニ払いなどの,かぎられた支払い手段にしか対応していませんでした. しかし,ぜひ代引きでほしいという要望にこたえるかたちで代引きをはじめるのと同時に,Yahoo! shopping でみとめられているすべての支払い手段に対応することにしました. 代引き以外の手段で店のてまがふえることはとくにありませんが,代引きへの対応はまだ不完全です. お客様からみた手数料は 390 円で確定させましたが,店側の処理はまだ確定していません. できるだけはやく確定させて,取引を安定させたいとかんがえています.

デイシンでは電源タップ型のハブ (黒いの白いの) を販売しようとしていますが,最近,良品が 1 個も入荷しないので販売することができません. AliExpress のいろいろな店から仕入れているのですが,どこから買っても良品は 1 個もふくまれていません. 以前から不良品が多かった商品ですが,こんなにひどいことはなかったのです.

デイシンの主要な商品は LED 照明器具です. 電灯線用,USB 用,DC 12 V 用など,さまざまな種類の照明器具を販売していますが,いずれも,だれでも,とりつけられる照明器具を提供することをめざしています. 電灯線用の電球や器具,そして USB 関連商品ではほぼこの目標を達成しているとおもいますが, DC 12 V のテープライトなどではまだ課題があります.

デイシンの店でお買い上げの品を発送するときには,基本的にちいさな 3D 印刷の「おまけ」を同梱しています. この店は独自開発した「螺旋 3D 印刷」による作品を販売するのがおもな目的なので,それ以外の商品を購入されたお客様にも,この方法によってつくった小物をみていただこうというわけです. この「おまけ」は開発と実験の最前線でもあります. ながらく地球儀だけを「おまけ」としていましたが,それも進化をつづけてきました. 最近は昨年開発した「波のモデル」の特徴をいかした凹凸のある中空球や,現在開発中のクロスするヴィブラートによるモアレ縞などをつけた中空球を同梱しています.

デイシンの商品のおおくは中国から輸入しています. そのため,春節つまり中国の正月やすみのあいだは出荷がとまっていた. それでおおくの商品が欠品してしまいました. とくに,人気の超小型ハブについてはわるいことに出荷時のトラブルもかさなって,いままで入荷がありませんでした. ようやくきょう,欠品が解消することになりました. 来年からは,春節のまえには十分に商品を用意しておくようにしたいとおもいます.

デイシンのお客様のなかには,複数のテープライトを使用して,それらを独立に調光しようというお客様がすくなからず存在します. そういうお客様のために最適な調光法をまだデイシンでは提供できていません. ツマミがついた調光器をつかえば容易に実現できますが,最近は入手しづらくなったようにおもえます. そのかわりにリモコンが幅をきかせていますが,単色用のリモコンとして一般的なのは電波式であり,ひとつのリモコンですべての調光器が反応してしまいます. なぜか,容易にかつ安価に入手できる調光器としては,こんなものしかみあたらないのです.

デイシンではテープライトを購入するお客様がテーブライトを加工したり電源アダプタを選択したり調光器の使用でとまどったりすることをできるだけへらそうとしています. そのための商品が電源アダプタつきのテープライトです. デイシンでもこの商品のあつかいにまだ十分なれているとはいえませんが,徐々にさまざまな問題を解決して,お客様の負担をへらす方向にすすんでいるとかんがえています.

デイシンでは電源アダプタつきテープライトとあわせて LED リモコン兼調光器を販売しています. リモコン兼調光器を単体で何個も購入されるお客様はいるのですが,テープライトと あわせて購入されるお客様はまだすくない現状です. 単体で購入されたお客様からは,ときどき不良交換の依頼があります. テストして正常に動作することを確認したうえで販売しているにもかかわらず,なぜ不良交換が発生するのか,これまでわかっていませんでしたが,すこし理由がわかってきました.

デイシンでは電源アダプタつきのテープライトを安価に提供しようとしています. 安価にするためにいろいろなくふうをしていますが,最近とくになやまされているのが電源アダプタの不良や低品質です. この問題を,安価で品質のよいアダプタを仕入れることで解決しようとしています.

デイシンで製作した LED 照明器具の売れゆきはあまりよくないのですが,そのおおきな原因はその魅力がつたわっていないことにあると感じています. 写真をとっても目でみるのとまったくちがうものしか,うつりません. ビデオの場合は目でみるのとはちがう,ちらつきなどがうつってしまいます. その差をちぢめる方法はある程度はわかってきましたが,プロにたのまないと十分にはちぢめられないようです.

デイシンで販売している USB ハブや LED 関連製品は中国から輸入しています. 品質のよいものもありますが,品質のわるいものが多くて,なやみのタネです. 基本的には検査して不良品を除外していますが,それだけでは除外できないものがあるからです.

デイシンで商品の梱包につかう封筒や箱についてはべつの記事でかきました. ここではおもに緩衝材について書きます. デイシンの商品やその材料はその多くが中国からの輸入品ですが,その梱包にはしばしば緩衝材がつかわれています. その緩衝材を再利用することによって,たいていの商品を包装してきました. しかし,とくに最近,緩衝材が不足することが多くなり,それをつかわない方向にシフトしています. 商品をつつんでいる袋が緩衝材のかわりをするときは不要だとかんがえられるからです.

デイシンで注文をうけた商品を発送するとき,できるだけ簡易でかつ事故のないように梱包しています. 長形 3 号というクラフト封筒をつかうことがもっとも多いのですが,それにはいらないときは角形 2 号という封筒をつかっています.いずれも非常のポピュラーで安価な封筒です. これらにはいらないときや保護が必要なときはレターパックや箱をつかっています.

Dasyn ショップで は 3D プリンタとくにデルタ型のプリンタで使用する歯車やバネから Arduino Mega 互換品までの 3D 印刷用品をあつかっています.この記事ではその理由を書きます.それは,ひとことでいえば,3D プリンタを保守しているひと,とくに DIYer をサポートすることです.

送料一律 120 円の理由

デイシンの店 では送料を一律 120 円にしています.小口の注文でも,できるだけ送料をおさえるようにしています.送料無料でもなく実費でもないことには理由があります.

IMG_3757.jpgデイシンの店では電源アダプタつきのテープライトを 5 cm 単位 (または 2.5 cm / 1.3 cm 単位) で販売しています. 通常 5 m 単位で販売されているテープライトを,なぜそんなちいさな単位で売っている,また売ることができるのでしょうか? おもな理由は 2 つあります.

IMG_4077part.jpg

デイシンの店ではこれまで AC 100 V 電源や USB 電源 (DC 5 V) の照明器具をあつかってきましたが,最近 12 V 電源 (DC 12 V の電源) で使用する照明器具やテープライトをあつかっています. その理由は,12 V 電源がもっとも LED に適した電源だとかんがえているからです. 複数の LED ランプをくみあわせたり,自由なながさのテープライトをつかうには,12 V 電源がもっとも安価で効率的です.

IMG_4361.jpgデイシンの店では,これまで,まず 100 V のペンダントをつくり,USB つまり 5 V のランプや地球儀,12 V のランプをつくってきました. 12 V にいきついたのはそれが LED 照明の本筋だというかんがえにいきついたからですが,テープライト以外の 12 V 器具はなかなか売れません. もう一度 100 V の原点にもどって,波模様のボールランプをつくって売ってみることにしました. 2 つの波をかさねることで,ひまわりなどにみられるフィボナッチ模様をつくりだすことができます. 単純な波とともに,それを売りにしてみようとかんがえました.

デイシン (Dasyn.com) のオンラインショップではおもな配送手段を定形外郵便にしています. この店の商品の大半は軽量なので,定形外郵便でおくると料金がやすくできるからです. それに,日本全国で均一料金にできるのも利点です. 最近,ヤマト運輸などで宅配便の従業員の過労などが問題になっていますが, 定形外郵便は配達の手間がすくないことも利点だとかんがえています (4 月 12 日改訂).

照明器具の電源としては,壁コンセントや天井からとれる交流 100 V をつかうのが一般的ですが, 最近では USB 電源 (直流 5 V) もときどきつかわれます. LED テーブなど,これから普及するであろうあたらしい LED 照明器具には 12 V がつかわれています. 12 V の電源は家庭内ではまだあまり普及してはいませんが,自動車の電池は 12 V なので,くるまのなかでつかう目的ではすでにひろくつかわれています.

Dasyn の店ではさまざまな安価な USB ハブを販売しています. 最近まで,基本的にテストをおこなわないままそれらを販売してきましたが,大量の不良品のために,それをみなおさざるをえなくなりました. 今後はかんたんなテストをおこなって良品を選別するとともに,不良品は USB 電源タップ専用のものとして安価に提供するようにしたいとかんがえています.

IMG_3447.jpg 3D プリンタをくみたてて 3D 印刷するひとをサポートしたいとかんがえているので,Dasyn の店では 3D プリンタの部品やツールを販売しています.ノズル・クリーナも販売しているツールのひとつですが,ほそいドリル刃をどうやってお客様にこわれずにとどけるかがひとつの課題です.そのために 3D プリンタでケースをつくりました.