2017年11月アーカイブ

デイシンで商品の梱包につかう封筒や箱についてはべつの記事でかきました. ここではおもに緩衝材について書きます. デイシンの商品やその材料はその多くが中国からの輸入品ですが,その梱包にはしばしば緩衝材がつかわれています. その緩衝材を再利用することによって,たいていの商品を包装してきました. しかし,とくに最近,緩衝材が不足することが多くなり,それをつかわない方向にシフトしています. 商品をつつんでいる袋が緩衝材のかわりをするときは不要だとかんがえられるからです.

デイシンで注文をうけた商品を発送するとき,できるだけ簡易でかつ事故のないように梱包しています. 長形 3 号というクラフト封筒をつかうことがもっとも多いのですが,それにはいらないときは角形 2 号という封筒をつかっています.いずれも非常のポピュラーで安価な封筒です. これらにはいらないときや保護が必要なときはレターパックや箱をつかっています.

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年8月です。

次のアーカイブは2017年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ